小説[限定サイン本]

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ゆうメール

    文庫判・四六判・A5判 それぞれ厚さ2センチ以内、重さ500グラムまで。

    全国一律 150円
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 450円
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 600円

※3,500円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

※サイン入りとなります

増田 みず子(著)
四六判 縦196mm 横133mm 厚さ120mm 重さ 324g 288ページ
仮フランス装 丸背
定価 2,000円+税
ISBN978-4-8038-0376-1

【紹介】
真っ直ぐな言葉の連なりが織り成す微妙な色合い。
読むほどに人と人との間の心の綾が身に沁みて、
少しだけ人生が愛おしくなる ―― そう、小説ってこういうものだった。

長い沈黙のトンネルの果てに、作家がたどり着いた新境地!

【著者プロフィール】
増田 みず子 (マスダ ミズコ)
1948年、東京に生まれる。東京農工大学農学部卒業。77年、「死後の関係」が新潮新人賞の候補となり、その後「個室の鍵」「桜寮」「ふたつの春」が連続して芥川賞候補(その後も合わせて計6回)となるなどして、小説家としてデビュー。85年、『自由時間』(新潮社)で野間文芸新人賞、86年、『シングル・セル』(福武書店)で泉鏡花賞、92年、『夢虫』(講談社)で芸術選奨文部大臣新人賞、2001年、『月見夜』(講談社)で伊藤整文学賞をそれぞれ受賞する。著書として他に、『自殺志願』『降水確率』(以上、福武書店)、『鬼の木』『火夜』(以上、新潮社)、『夜のロボット』『水鏡』(以上、講談社)、『禁止空間』『風草』(以上、河出書房新社)ほか多数。

ショップの評価