ラウンド・ミッドナイト 風の言葉

¥ 2,860
予約商品

発送予定:2020年12月15日 から順次発送

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ゆうメール

    文庫判・四六判・A5判 それぞれ厚さ2センチ以内、重さ500グラムまで。

    全国一律 150円
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 450円
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 600円

※3,500円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

丸山健二著

価格 2,600円+税

仮フランス装/丸背

B6変型判 縦164mm 横114mm 厚さ20mm 重さ 206g

ISBN978-4-8038-0377-8 Cコード 0095

エッセイでもなければ小説でもない。詩でもなければアフォリズム(箴言集)でもない。あえて言えば、丸山健二版「聖書」――ただし、そこに「神」はいない。いるのは「あなた自身」のみ……新たなる「神なき聖書」の誕生!

丸山 健二 (マルヤマ ケンジ)
 1943年、長野県飯山市に生れる。国立仙台電波高等学校(現在の国立仙台電波工業高等専門学校の前身)卒業後、東京の商社に勤務。66年『夏の流れ』で第23回文學界新人賞を受賞。同年、同作で芥川賞を受賞し作家活動に入る。68年に郷里の長野県に移住後、文壇とは一線を画した独自の創作活動を続ける。また、趣味で始めた作庭を自らの手による写真と文で構成した独自の表現世界も展開している。近年の作品に長編小説『我ら亡きあとに津波よ来たれ』(上・下)。『夢の夜から口笛の朝まで』『おはぐろとんぼ夜話』(全3巻)、エッセイ『人生なんてくそくらえ』、『生きることは闘うことだ』などがある。

ショップの評価